プレゼントにも買取にも便利なEメールタイプ

amazonギフト券は、商品券のような紙の形のカードタイプと、オンライン上でやり取りするための、いわば仮想通貨とも言えるデジタルタイプの2種類に分かれます。

市場に流通しているのはデジタルタイプの方で、なかでもEメールタイプと呼ばれる、金額を設定してメールアドレスに送付するタイプが最も人気です。

メールで送るだけなので時間も送料もかからず、相手のメールアドレスさえわかれば住所も必要ないので、プレゼント用としてもよく利用されています。

Eメールタイプは、買取サイトで効率よく買い取ってもらうことができます。amazonギフト券の番号がわかるだけでいいので、買取サイトに行けばすべてオンライン上の手続きのみで買取が完了するのが特徴です。

確認が取れ次第、すぐに送金してくれるので、早ければ申し込みから送金まで十数分で完了します。

現在、インターネット上には数百のamazonギフト券の買取サイトがありますが、古物商の営業許可がなくても買取ができるので、その中身は玉石混交です。なかには番号だけ聞き出して音信不通になるような悪徳業者も存在します。

Eメールタイプのギフト券を売る時は、サイトをよく見て身元が確かな業者を選ぶようにしましょう。

コンビニで購入できるカードタイプ

amazonギフト券は、amazon.co.jp以外にローソン、セブンイレブン、ファミリーマートなどのコンビニでも購入できます。現金で直接amazonギフト券が購入できるので便利です。

ただ、Eメールタイプやチャージタイプなどの購入したらすぐに使えるデジタルタイプのものではなく、カードタイプとシートタイプという2種類に限られます。

amazonギフト券のカードタイプは、コンビニの店内に並べられているサンプルカードのなかから、希望の額面のものを取ってレジに持って行き購入します。一方のシートタイプは、Loppiなどの端末で購入するタイプです。

カードタイプの額面は、3千円、5千円、1万円、2万円のものが用意されていますが、1500円から5万円の範囲で1円単位で指定することも可能です。カードの裏には16桁のギフト券番号が記載されており、それをご自分のamazonのアカウントに登録することで使用できるようになります。

 

使いやすさではデジタルタイプが便利ですが、買取を考えるならカードタイプが最も使い勝手が良いでしょう。

金券ショップやチケットショップでも扱っているところが多いですし、換金レートを高く設定しているところもあるので、高い値段で買い取ってもらうことが可能です。

信用できるamazonギフト券買取サイトの選び方

amazonギフト券の買取サイトの選び方には、3つのポイントがあります。以下を押さえて信用できるサイトを選びましょう。

まず、ギフト券の換金率に注目です。サイトには高い数字を示すところが多いですが、実際の換金率は75~85%程度と思っておいた方がよいでしょう。100%近い数字を示すような異様に高い換金率を謳うサイトは、悪徳業者の可能性もあるので注意してください。できれば、直接連絡して実質的な数字を聞くことがベストです。

次に、申し込みから振込までのスピードをチェックします。たいていのサイトではメールでのやり取りで完結しますが、なかには急ぎの人のために電話対応を行うサイトもあります。電話の方が振り込まれるまでのスピードは早いようです。また、多くのサイトが即日振込ができると宣伝していますが、時間帯によっては翌営業日までずれ込むところもあるので、「今、申し込んだら何時に振り込まれるのか」を確認しておくとよいでしょう。

あと、安全性も見落とせません。買取サイトのなかには営業の実体のない詐欺目的のサイトも存在します。ちゃんとしたところであれば電話番号と古物商許可証がサイトに記載されています。それを確認してから、最終的に利用するサイトを選びましょう。