ギフト券について」カテゴリーアーカイブ

優良なamazonギフト券の買取サイトはキャンペーンの内容が具体的なところ

amazonギフト券の買取サイトはネット上にたくさんありますが、できるだけ高く買い取ってもらうには優良サイトの見極めが大切です。特に重要なのが、いくらで買い取ってもらえるかを示す換金率と、買取の申し込みから入金までの時間です。最近では買取を申し込むと即日で入金が完了する買取サイトが増えてきており、入金までの時間もサイトに詳細が記されているので、スピードの面ではだいぶんユーザーの利便が図られています。ところが、換金率となると、優良サイトか否かを見極めるのが難しくなります。

信用できる優良サイトは、実際の入金額がわかりやすいところです。たとえば、どの買取サイトでも換金率アップのキャンペーンを行っていますが、その際、「通常より換金率3%アップ」と宣伝するところと、「通常85%の換金率のところ88%の買取」と具体的な数字を示すところとでは、後者の方が優良サイトと言えます。同じ内容でも前者は具体的な数字を示していないので、どんな換金率であろうと「通常より3%アップだから」と言われてしまえばそれまでだからです。このように、信用できる買取サイトは、キャンペーンの内容もユーザーにわかりやすく具体的に伝えてくれます。優良サイトを探すなら、「いくらで買い取ってくれるのか」がすぐにわかるかを基準に選びましょう。

楽天オークションへのamazonギフト券の出品

amazonを利用して買い物を楽しむ人が非常に増えています。それに伴い、amazonギフト券をプレゼントするというのも珍しいことではなくなりました。ただ、amazonギフト券は、商品券や図書券のような金券とはちょっと異なる性質を持っていて、有効期限が定められていて、それを過ぎると金額の大小にかかわらず無効になってしまいます。使い切れなかった分は売ればいいのではと思うかもしれませんが、古物扱いではないので取り扱いがない金券ショップもあり、換金方法に悩むことがあります。

そんな場合の一つの解決方法として、楽天オークションなどのネットオークションにamazonギフト券を出品するというやり方があります。楽天オークションを利用する人のなかには、現金でなく楽天スーパーポイントでの決済を望んでいる人も多いため、他のオークションより落札の可能性が高くなります。また、ヤフオクもTポイントでの決済を望む人がいるので、amazonギフト券の出品には有効なネットオークションです。

ただ、ネットオークションの場合、落札されるまでの時間と労力がかかるというデメリットがあります。商品へのクレームなどトラブルが起こることもあるので、利用には注意が必要です。amazonギフト券を現金に換えるなら、専門の買取サイトを利用するのが最もお手軽でしょう。

Tポイントをamazonギフト券に交換する方法

Tポイントをamazonギフト券に交換して現金化するという方法は、あまり知られていない現金調達の方法です。TSUTAYAなどでの買い物の際にTポイントが貯まることは有名ですが、貯まったポイントはその店でしか使えないと思っている人も多いようです。実際はちょっとした工夫でamazonギフト券に交換できます。ですから、amazonギフト券の買取サイトを利用すれば、使い道に困る貯まったTポイントを現金に換えることが可能になるのです。

ただし、Tポイントで直接amazonギフト券が購入できるわけではありません。Tポイントでamazonギフト券を手に入れるには、Tポイントに対応したネットオークションを利用します。ヤフオクがそのなかでも有名です。多少の手間はかかりますが、Tポイントに使い道がない場合は、それを使ってamazonギフト券を落札し、それを買取サイトで売ることで現金化できます。

また、auユーザーであれば、auポイントを使って手間をかけずにamazonギフト券に交換することができます。やり方は簡単で、貯まったauポイントをauショッピングモールでamazonギフト券に交換するだけです。auポイントは、およそ1.2ポイントで1円分の価値になります。オークションを使わず直接amazonギフト券を手に入れる手間のかからない方法ですので、auポイントが貯まっている方は利用してみましょう。

コンビニで購入できるギフト券の種類

amazonギフト券はコンビニでも取り扱いがあります。販売されているのはカードタイプとシートタイプの2種類です。

カードタイプは店舗の陳列棚に並べられています。

取り扱いのあるコンビニは、ローソン、セブンイレブン、ファミリーマート、ミニストップ、スリーエフ、サークルKサンクス、デイリーヤマザキ、ポプラです。陳列棚から希望の金額のカードを取ってレジに持っていくことで購入できます。

購入後、amazonアカウントにギフト券番号を登録できるようになります。メジャーなコンビニであればどこでも買えますが、店舗に置いてある枚数がなくなれば、売り切れとなってしまいます。

 

シートタイプは、ローソンであればLoppiのような端末から購入します。取り扱いがあるのは、ローソン、セブンイレブン、ファミリーマート、ミニストップ、サークルKサンクス、デイリーヤマザキです。

コンビニにある端末から、電子マネーやプリペイドカードと同じように購入できます。端末の画面に指示が出るので、初めての方でも簡単に操作できるでしょう。

購入手続きが完了するとレシートが出てくるので、それをレジで精算すればギフト券が発行されます。

シートタイプはコンビニ会社によって購入できる金額が異なりますが、2千円から2万5千円の範囲で用意されています。

プレゼントにも買取にも便利なEメールタイプ

amazonギフト券は、商品券のような紙の形のカードタイプと、オンライン上でやり取りするための、いわば仮想通貨とも言えるデジタルタイプの2種類に分かれます。

市場に流通しているのはデジタルタイプの方で、なかでもEメールタイプと呼ばれる、金額を設定してメールアドレスに送付するタイプが最も人気です。

メールで送るだけなので時間も送料もかからず、相手のメールアドレスさえわかれば住所も必要ないので、プレゼント用としてもよく利用されています。

Eメールタイプは、買取サイトで効率よく買い取ってもらうことができます。amazonギフト券の番号がわかるだけでいいので、買取サイトに行けばすべてオンライン上の手続きのみで買取が完了するのが特徴です。

確認が取れ次第、すぐに送金してくれるので、早ければ申し込みから送金まで十数分で完了します。

現在、インターネット上には数百のamazonギフト券の買取サイトがありますが、古物商の営業許可がなくても買取ができるので、その中身は玉石混交です。なかには番号だけ聞き出して音信不通になるような悪徳業者も存在します。

Eメールタイプのギフト券を売る時は、サイトをよく見て身元が確かな業者を選ぶようにしましょう。

コンビニで購入できるカードタイプ

amazonギフト券は、amazon.co.jp以外にローソン、セブンイレブン、ファミリーマートなどのコンビニでも購入できます。現金で直接amazonギフト券が購入できるので便利です。

ただ、Eメールタイプやチャージタイプなどの購入したらすぐに使えるデジタルタイプのものではなく、カードタイプとシートタイプという2種類に限られます。

amazonギフト券のカードタイプは、コンビニの店内に並べられているサンプルカードのなかから、希望の額面のものを取ってレジに持って行き購入します。一方のシートタイプは、Loppiなどの端末で購入するタイプです。

カードタイプの額面は、3千円、5千円、1万円、2万円のものが用意されていますが、1500円から5万円の範囲で1円単位で指定することも可能です。カードの裏には16桁のギフト券番号が記載されており、それをご自分のamazonのアカウントに登録することで使用できるようになります。

 

使いやすさではデジタルタイプが便利ですが、買取を考えるならカードタイプが最も使い勝手が良いでしょう。

金券ショップやチケットショップでも扱っているところが多いですし、換金レートを高く設定しているところもあるので、高い値段で買い取ってもらうことが可能です。